なぜレンタル倉庫はハローストレージがいいのか?

当サイトの目的

最近では街のあちらこちらに貸倉庫などのレンタルスペースがたくさんありますよね。借りる理由は人それぞれ。便利に利用したいものです。
そんな貸し倉庫ですが、

  • 一体どの業者がいいの?
  • どういうところをチェックすればいいの?
  • 使いやすいレンタル倉庫ってどれ?

レンタル倉庫について、いろんな疑問点があると思います。
当サイトでは、貸倉庫をいくつか借りてみたサイト管理人が、結果としてハローストレージをイチオシする理由などを解説して、あなたにも間違いのない選択をしてもらいたいと思っています。

他の貸倉庫よりハローストレージが良い理由1

ハローストレージが良い理由はいくつもありますが、まずは個室の開け閉めがとてもしやすいという事。これは体験談なんですけど、ほかのレンタル倉庫ではシャッターが重くて開けにくいこともあるし、場所によっては錆びついている倉庫もあります。これって実際に契約をして開け閉めをするまで、どの程度の重さなのか分からないんですよ。男性が体重をかけて「よいしょ!」と声を上げながらでないと開かないドアを使っているレンタルスペース業者もあります(経験済み)。
場合によっては荷物の出し入れが頻繁になる季節もあるじゃないですか。それなのに扉やシャッターが重いと憂鬱になると思いませんか?ここは意外な盲点ですから注意したいところです。
しかしその点ハローストレージなら、シャッターの開閉は踏ん張らなくてもスーッと開くし、閉まります。女性でも楽々なんですよ。かといって薄っぺらですぐに変形してしまうようなものではありません。けっこうしっかりしています。これはポイント高い理由のひとつですよね。

公式サイトで見てみる

他の貸倉庫よりハローストレージが良い理由2

特に女性に多い悩みだと思うのですが、荷物の出し入れをするときに倉庫の中身を他人に見られるかもって気になるじゃないですか。そこが心配なら屋内型のレンタルスペースにすればいいのですが、屋外型であっても2階部分なら見られる心配はほとんどありませんよ。2階なら料金も安いですしね。

レンタル倉庫の2階を借りる際にある問題点

2階を借りたら必ず利用するのがタラップです。タラップと呼ぶ会社もあれば移動式階段という呼称をする業者もあるようです。ここではタラップと呼びますね。
実はこのタラップがくせ者で、もの凄く重たいタラップを使っている貸倉庫業者があります。人と荷物を支えますので、重量そのものがあるのは理解できます。でも、タイヤ周りのベアリングの油切れなどで音はうるさいし、タラップを移動させるときにはとてもパワーを使いますし、足腰にキますよ。これも実際にさわってみないと、見た目だけでは判断できない部分ですよね。

ハローストレージが良い理由は、たとえ料金が安い2階のスペースを借りたとしても、タラップのメンテナンスが良いからなのか、タラップは思いのほか軽く動くんです。タラップの移動が楽だから、料金が安い2階スペースを気兼ねなく借りることができます。これはハローストレージならではですね。

公式サイトで2階の料金を確認してみる

他の貸倉庫よりハローストレージが良い理由3

よくいろんな人の意見を聞いていると、ハローストレージのセキュリティがいいっていっていますね。もちろん間違いないし、セキュリティ業界を代表するセコムとアルソックが24時間警備をしてくれますから、安心面ではバツグンです。
でも見逃してほしくない場所が地面なんです。ハローストレージはアスファルト舗装しているんですよ。小石などが散乱している他の貸倉庫とは違って、タラップを動かすときも楽チンですし、車で入場する時も安心です。

公式サイトで見てみる

WEBからの申込方法

ネット申込みなら簡単

すぐに申し込むなら、ハローストレージの申込方法は簡単ですよ。

ステップ1

ここ押してネットで24時間いつでも申込みできます。もちろん来店は不要。

ステップ2

数日後にシャッターの鍵を入手するための鍵が届きます。その鍵を持って、申し込んだトランクルームへ行きます。該当する部屋の鍵を開け、トランクルームの本当の鍵を手に入れます、今後は、その鍵を使います。

ステップ3

支払いはクレジットカードか銀行引き落としです。お好みの方法で支払いましょう。

使い方いろいろ

「捨てる」か「取っておく」かの二者択一だった荷物も「とりあえず収納しておいて考える」という選択肢が出来るのは、とても幸せなことだと思いますよ。

ハローストレージの敷地には車での入場が可能なので、荷物の出し入れも車で出来るのはポイント高いですよね。

ハローストレージ公式サイトで申し込む

ハローストレージの感想や口コミ

友達とバンドを組んでいるため、必要な機材がすごく多く、1ルームの家はいつも機材がメインで、自分は小さくなって暮らしていました。でも、寝る場所も狭くなってきたので、さすがに限界を感じていました。引越しするほどのお金もなく困っていたところ、友人からハローストレージを紹介されました。機材も自分もようやく落ち着いて生活できようになり感謝しています!